hqdefault



シン・ゴジラの感想です。
以下、映画泥棒にならないぐらいの若干のネタバレ含みます。
 

 たまたまテレビのZIPを見ている時にシン・ゴジラの特集がされており、監督がエヴァンゲリオンの庵野秀明さんということと、嫁と休みが重なっていたので今日シン・ゴジラを見てきました。

ざっくりとした あらすじは東京湾にゴジラが現れて、日本の政治家や官僚たちが頑張ってゴジラを倒すというものです。

感想としては監督が庵野さんの作品ということで、エヴァンゲリオンのオマージュみたいなシーンがいくつかありました。
音楽なんかは丸っ切り同じものを使われている箇所があったりして、エヴァファンの取り込みを狙っているように思います。
ゴジラの血液がドバッと吹き出すシーンについても、エヴァに同じようなシーンがありました。

東京が破壊されるシーンでいくつかCGが使用されていましたが、若干安っぽい印象を受けました。
あえてそうしているのかどうかは分かりませんが、今年公開された同じ怪獣パニック映画のジュラシックワールドと比べると若干質は落ちているように思います。
予算上、しょうがないかもしれませんが。

話については正直微妙な感じがしました。
大体、この映画の話を3つに分けるとしたら次のようになります。
1. ゴジラが登場し街で暴れる
2. ゴジラを倒す方法を考える
3. ゴジラを倒す

怪獣映画というと、怪獣が暴れ回るシーンがメインになるかと思いますが、それが見れるのが上の1と3になります。
では2では何が見れるかというと、役者さんが頑張って演技している様子が見れるのですが、正直そこは微妙でした。
更に話が若干、分かりにくく間延びしているような印象を受けました。
詳細はあまり覚えていませんが、取り敢えず何か小難しい話が展開されていました。

ゴジラのデザインですが、個人的には結構好きです。
火を吹く時に顎が寄生獣っぽく割れるのですが、なかなか斬新でした。
ヒロインの石原さとみさんですが、今作ではあまり可愛い印象は受けませんでした。
そういう映画ではないのでしょうがないですが、あまり石原さとみさん目当てで見るのはお勧めしません。

最後にまとめると、そこそこ面白かったですが、今年一番と言う訳にはいかないかなと思います。
どっちかと言うとジュラシックワールドの方が面白かった気がします。
ですが、そこそこ面白いことに変わりはないので、お時間がある方は是非ご覧になってください。






ゴジラ
宝田 明
2014-04-23


ジュラシック・ワールド [Blu-ray]
クリス・プラット
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-10-05

ジュラシック・ワールド3D ブルーレイ&DVDセット(ボーナスDVD付) [Blu-ray]
クリス・プラット
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-02-24

ジュラシック・ワールド (竹書房文庫)
デイヴィッド・リューマン
竹書房
2015-08-07